スポンサーリンク



※当ブログにはスポンサーリンク広告を含んでいます。

オーラトーン5Cは70年代のモニタースピーカー

オーラトーン5C オーラトーン

2024年6月9日(日)

オーラトーン5Cは、70年代から80年代にかけて、世界中で音楽制作のモニタースピーカーとして使われたようです。

その目的としては『ミックスした曲がAMのカーラジオやテレビなどから、どのように聴こえるのかを正確に再現したり、ボーカル帯域の正しいミックスバランスを知ったりすること』だったようです。

その意味ではとても優れたモニタースピーカーだと思います。

1978年に「ビッグベン」という愛称をつけられたヤマハNS-10Mが出ました。

やがてはこのNS-10Mにモニタースピーカーの地位を取って代わられたようですね。

オーラトーン5Cは、キューブ型の外観がとてもかわいらしく魅力のあるスピーカーです。

小さいのでどこにでも置けますし、BGMとして1日中音楽をかけていても邪魔になりません。

ただ、音楽性という意味では、ロクハンから口径20cmのフルレンジのほうがはるかに優ります。

オーラトーンの立ち位置としてはそのような感じではないでしょうか。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました