スポンサーリンク



※当ブログにはスポンサーリンク広告を含んでいます。

パイオニア PAX-A16 箱に組み込んでみました

PAX-A16 パイオニア

2022年11月5日(土)

箱に組み込んでみました。箱はDS-32Bのバスレフ箱です。
まだ、テストなので、スピーカーリード線は仮設バッフル板に穴を開けて直接取り出しています。

s500-375-IMG_5277.JPG

このPAX-A16ですが、3分割されたマルチセルラホーンの付いたホーンツイータが中央に固定されています。ウーハーとは別の磁気回路です。

s500-375-IMG_5250.JPG

ホーンの裏側に低域カット用のコンデンサが見えます。

s500-375-IMG_5257.JPG

PAX-A16の銘板です。入力は6W(最大12W)と、ダイヤトーンP-610DBの7Wと同等です。
ガッチリとしたダイキャスト製フレームです。

s500-375-IMG_5243.JPG

スピーカーターミナルからの配線はコーン紙を貫通してウーハーのボイスコイルに入り、そこから分岐した配線がコンデンサを経由してツイータに入っています。

s500-375-IMG_5264.JPG

仮設バッフルに取り付けました。穴の大きさはP-610DB用で小さいため、内側から取り付けてあります。

s500-375-IMG_5272.JPG

スピーカーターミナルは、ボタンを強く押し下げるとリード線が入る穴が出てきますので、そこに差し込む方式です。

s500-375-IMG_5273.JPG

内側の取付穴では開口の134mmではわずかに不足で取り付けできませんでした。やむなく外側の取付穴でビスをねじ込んであります。

スピーカーのダイキャスト製フレームは、50年経過していて、無理をすると割れてしまう恐れがあったので、画像のように端材を加工した下駄を履かせました。

s500-375-IMG_5274.JPG

これを箱に取り付けたのが最初の画像です。

テストで音出ししてみました。
サリナ・ジョーンズの「SAILING」の最初のベルでしょうか、澄んだベルの音がとても綺麗で、これがホーンの魅力ですね。

低音も不足はなく、ブライアン・ブロンバーグの「WOOD」も難無くこなすのには驚きました。
詳細はもう1台が届いてから、もう一度ゆっくりと聴きたいと思っています。

 

タイトルとURLをコピーしました